<< 20コマの「講義」は、講座のほんの一部でしかない | main | 連続特別公開講座「ゲームクリエイターが本音で語るコンテンツ制作の神髄」 >>
2012.11.05 Monday

文章を書いたらチェックしたい17の項目改2

0
    以前、ブログに書いて好評だった「文章を書いたらチェックしたい17の項目」「改」のさらなる改訂版だ。
    多くの人から「これは実践的で使える」「新人を指導するときはこのURLを教えてます」という反応をもらった。「研修で使ってよいか」という問い合わせももらったし、某社から「これをベースに社内報に原稿を書いてくれないか」という依頼もあった。
    むかしはよく見ていた「はてなブックマーク」でも825usersになって驚いた。

    この17項は、宣伝会議の「編集・ライター養成講座プロフェッショナルクラス」で、専任講師をはじめるときにまとめて、その後、何度か改訂したもの(講座シーズン4が2012年12月08日(土)スタート、無料体験講座が11月10日(土)に)。

    これは書く時に気をつける項目ではなく、あくまでも、書いた後、推敲するときにチェックするポイントだ。
    講座では、この各項を順に説明するようなことはしない。
    が、チェックを怠っている原稿があれば指摘する。実践で、じょじょにすべての項目をチェックする態度が身に付くはずだ。

    【文章を書いたらチェックしたい17の項目改】
    書き終えたら、以下のポイントをチェックして、推敲してみよう。

    ■内容を吟味しよう
    1・伝えたいことが伝わるか?
    伝えたいことは何か改めて考えてみよう。書いた文章で、その伝えたいことは伝わるだろうか? 伝えたい衝動を見失ってはいけない。衝動に突き動かされて書いているか?
    *伝えたいことがぼんやりとしていると、乱雑な原稿になる。たとえば「楽しかった」「すごかった」等ではダメで、どう楽しかったのか、どうすごかったのか、という発見を書けているかをチェックしてみよう。

    2・誰が読むのか?
    読む人は誰だろうか? 具体的に想像して、その人になったつもりで読んでみよう。読者の感情が動くような文章になっているだろうか。最初の一段落目を読んで、読者は放り投げずに先を読んでくれるだろうか。
    *読者を大勢のぼんやりとしたのっぺらぼうとして想定すると、つまらない文章になる。個の顔をもつそれぞれの人として想定できるかどうか。

    3・読んでもらおう
    可能ならば自分以外の人に読んでもらって感想を聞こう。厳しいことを言われても、直接いいわけしたり、反論したりしないほうがいい。
    *読んでもらってアドバイスをもらうことよりも、具体的な誰かに「読んでもらう」という前提で文章を書くことが力になる。

    ■テキストを整えよう
    4・その漢字は必要か?
    ムダに漢字が多いとゴテゴテ飾りつけた文章に見える。漢字にする必要がないものはひらがな/カタカナにひらけ。
    *「習った漢字はすべて使え」という学校教育のせいか、使ったほうがプロっぽいという幻想のためか、漢字を使いすぎて読みにくい原稿を書く人が多い。いろいろな人の文章を読んで、何をどう漢字にしているかチェックしてみよう。

    5・誤記がないか?
    とにかく辞書/検索で調べろ。言葉について深く知ることを楽しめ。
    *「すべからく」を「全て」の意で使う誤用なども多い。かっこつけて間違ってるのでカッコ悪いよー。

    ・改行できないか?
    五行を超えたブロックがあったら改行できないか考えてみよ。

    ・一文が長くないか?
    一文が長ければ、短くしてみよう。三行を超えていたら、疑え。
    *意図して長いのであればいいのだが、ついつい長くなって読みにくいものになってる罠ってあるよ。

    6・語順はだいじょうぶか?
    語順が混乱していないだろうか。形容する言葉がどの言葉にかかるか、誤解を与えないような語順になっているだろうか。
    本多勝一『日本語の作文技術』に論理的な詳しい解説がある。

    言葉を選択するときにオススメは、 『類語国語辞典』
    ネット上では、Weblio類語辞典が使える! (参照:ぴったりする言葉を見つける方法シソーラスを使う


    ■削れる部分はないか?
    以下のポイントで削れないかどうかチェックしてみよう。
    7・装飾の言葉
    強調のための「この」「その」、不要な形容詞、大げさな言葉。これらが目立つと、化粧しすぎの気取りすぎた文になる。できるかぎり削れ。カッコつけすぎるのってカッコ悪い。
    *「という」「の方」「そっちの」「そして」「それ」も不要なケースが多い。
    *不要な一人称が多様されているケースも多い。

    8・重複
    同じ言葉がつづいていないか。一段落に同じ言葉があれば、どちらかの言葉を変えられないか考えてみる(フォーカスを変えた言葉を探す)。同じ文末がつづいていないかもチェックしよう。
    *削る、という方法もある。

    9・メタディスコース
    「重要なことは〜」「私の知る限りでは〜」「御存じだろうが〜」など。内容ではなくて、内容に関しての言葉。読みを誘導しすぎる言葉。多用すると窮屈な感じの独りよがりな文になる。
    *伝えたい焦点が絞れてないと、読者を強引に誘導したくなって、ついつい使ってしまう。多様していたら、伝えたいことが絞れているかどうかを再確認しよう。

    10・がーてん
    「極端ですが、」「わたくしごとですが、」などの逆説でない「〜が、」のフレーズは必要ない場合が多い。

    ・不要な脱線
    あまりにも脱線した話は、読む側を混乱させる。おもしろいかもしれないが、それはまた別の機会に書けばよい。

    ・いいわけ
    いいわけが挿入されてしまうと、もともと言いたかったことが伝わりにくくなる。逆効果である場合も多い。思い切って削ったほうが、すっきりする(特に謝罪の文章で、いいわけを入れる愚を犯すな)。
    *例外を挿入するときも気をつけて(例外ばかりが印象に残ることが多いので)。

    ・他人の言葉
    定型文、クリシェ、らしいフレーズ。自分の気持ちから出てきていないそれらしいだけの文章がないか。自分の気持ちになっているかをチェック。

    ・最初と最後
    まさにここからしか、はじめられないところからスタートしているか。
    *まさにここでしか終われないところで終わっているか。「つかみ」になっているか。最初と最後だからといってリキミすぎていないか。紋切りのフレーズになっていないか。大きなフレーズになっていないか(“コミュニケーションの大切さを痛感した”なんていう寝惚けてても書ける大きなフレーズで終わる凡庸さ!)。どうでもいい前置きをしてないか(本論からはじめよ)。最初/最後のフレーズや段落を削ったほうがだんぜん良くなるテキストは多い。

    ・接続詞
    接続詞を見つけたらいったん削ってみよう。それで意味が通るなら削ってしまえ(一度、接続詞をすべて削ってみて、自分の文章を読んでみよう)。
    *内容に自信がないとき、読者を誘導しようとして接続詞が多様されることも多い。内容そのものを再度チェック。

    編集・ライター養成講座 上級コース プロフェッショナル・ライティングクラス:シーズン4
    20コマの「講義」は、講座のほんの一部でしかない
    →宣伝会議サイト:編集・ライター養成講座 上級コース プロフェッショナル・ライティングクラス
    走り続ければ、景色はどんどん変わっていく
    編集・ライター養成講座 上級コース2012秋 無料体験講義
    コメント
    文末が単調になってないか。
    意図せず同じ文末が連続して使われていないだろうか。読んだとき、リズムと文末が単調になっていないかチェックすること。
    • 米光
    • 2013.04.05 Friday 16:09
    ・具体に書くこと。抽象的に書いたり、感想だけで書くと説得力がなくなる。それを支える具体例を書くこと。
    ・引用せよ。具体の最たるものは引用である。引用を怠ると、的はずれもしくは凡庸な感想になる。“引用をしないから、目が原文から浮き上がり、既成の印象に縛られて、文章を正確に読むことが不可能になるのである”。宇佐美寛『大学授業入門』P124
    • 米光
    • 2016.06.13 Monday 14:38
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    << February 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM