<< ゲーム実況で実感する堀井雄二の凄さ | main | 編集・ライター養成講座 上級コース プロフェッショナル・ライティングクラス:シーズン4 >>
2012.09.10 Monday

イベントで集客する5つのコツ

0
    イベントができる会場も増えて、気軽にイベントが主催できるようになってきた。
    ってなると、逆に、お客さんが集まらないイベントも増えてきた。
    そういう不幸が起こらないように、「集客する5つのコツ」!


    1:まず1ヵ月よりちょい前に告知すること!
    いくらいいイベントでも、告知が直前だとなかなか行けない。他の予定が入っていたりする。特に、月末にシフトを決めちゃう職種やバイトもあるので、1ヵ月よりちょい前に告知するとGOOD。

    2:何をやるのか明瞭にする
    どんなイベントなのか、何をやるのかを明瞭にすることが大切。なにしろ会場に生身の人間が行くわけだから、行く人は、ちょっぴり不安。ど、どんなイベントなの? だから、できるかぎりイベントの内容をクリアにして、何をやるのかを明瞭にすると安心。タイトルでズバッと内容がわかるとベスト。

    3:企画規模と会場規模をあわせること
    企画的に50人集まるといい内容なのに、100人規模の会場を押さえるとつらい。客数が半分未満だと、さすがに閑散とした感じになる。同じ50人のイベントでも、50人規模の会場なら、満員御礼!て感じで盛り上がる。企画規模と会場規模が一致することは、イベントの盛り上がりにも結びつく。

    4:告知の量をコントロールしよう
    とはいえ、何人集まるか、って予測は難しい。だから予約数とイベントまでの残り日数を考えて、ちゃんと告知する量をコントロールすること。2週間前ぐらいに半分、1週間前にほぼ満席になってると安心。会場側が予約する場合は、ときどき会場と連絡を取って、予約がどれぐらい入っているか確認しよう。

    5:もちろん、いいイベントをやること
    そして、もちろん、いいイベントをやること。「こいつがやるイベントならおもしろい」と思ってもらえれば、次のイベントもやりやすい。
    あと、地味に大切なのは、自分の守備範囲のイベントをやること。ふだんからツイートしていたり、仲間が多かったり、コミュニティができていたりするテーマでイベントをやると、告知もやりやすいし、何をやるのかも明瞭にしやすい。

    みなさん楽しいイベントを!

    というわけで、告知だw

    「ブックレビューLIVE:杉江VS米光のどっちが売れるか」
    下北沢南口徒歩30秒のビールが呑める本屋B&B(BOOK&BEERだ!)で、ブックレビューのライブ対決!

    ブックレビュアー界のスナイパー杉江松恋と異端児米光一成が決戦スタート!
    第1回のテーマ「徹夜本」を杉江松恋と米光一成がズラズラッと紹介。
    どんな本を、いかなる技を駆使して紹介するのか。
    本に関するトークだけで構成されるブックレビューのライブ対決。

    会場が本屋ですから、紹介した本は、その場で買える(入荷してもらうのです!)。
    もちろん買う買わないは、お客さんの気持ち次第(押し売りしません)。
    自信満々で超面白本を紹介するレビュアーのふたりは、
    「負けたら、自分が推薦した本は自腹で引き取る!」と宣言しております。
    ちょっとためになる読書法も披露。
    いよいよスタートするブックレビューLIVEの記念すべき第一回目!
    場所は下北沢駅南口徒歩30秒、ビールが呑める本屋B&B。
    日時は、9月28日(金)19:30〜21:30。
    おもしろい本を探している人、本が好きな人は、お見逃しなくッッ!

    開催日時 _ 09/28 FRI 19:30〜21:30 (19:00開場)
    場所:本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
    入場料 _ 1500yen + 1 drink order
    チケット購入サイト:「銀行振込」か「当日店頭支払い」が選べるので、予約の人も「チケット購入」申し込みで。

    補足:ブックレビュー対決を本屋でやる、という内容と場所がばっちりマッチした企画。実は幻の第0回をすでにやっていて、「これ、こうすると面白くなるね」って手応え&パワーアップでやるので、そーとー面白くなりそう。会場のB&B、本屋の一角を囲って会場に。素敵な椅子とビールと書棚に囲まれた会場で、いい。スペースもおそらく可変なので集客も少し気楽。50席ぐらいで満員な感じかな。

    もういっちょ告知だ。
    「米光一成の表現道場」
    池袋コミュニティ・カレッジで米光一成の表現道場をやります。
    第3土曜 15:30〜17:00
    10/20から全6回
    場所:池袋コミュニティ・カレッジ(池袋からすぐ)

    全員参加で何かを作ったり表現したりする講座です。
    座学ではなく、実際にみんなで頭と手を足と他いろいろ動かして、「表現」してみる場です。
    「失敗してもだいじょうぶ。トレーニングの場だから」を合い言葉に、いろんな表現方法にチャレンジして、自分ならではの表現を見つける試行錯誤にチャレンジします。
    作るのって楽しいしなーって実感して、自分のものづくりのスタイルを見つけて、もっと作りたいなーって思うようになっちゃう講座です。
    気軽に参加してください。

    補足:カルチャースクールですが、個人的には「シリーズ通して見てもらえるように設計できるイベント」な感じ。終わった後、お茶会→呑み会な流れで、みんなと仲良くなれるのもいい。こちらは30人ぐらいがちょうどいいなーと思っています(あんまり多いと大雑把になりすぎるし、少ないとさびしい)。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM