<< 「オススメ!たこつぼ教養百科」第1回「ドラゴンクエスト展とアイデア」 | main | ゲーミフィケーションについて2 >>
2011.11.24 Thursday

ゲーミフィケーションについて1

0
    ゲーミフィケーションについて、書いてとか話してという仕事の依頼が増えてきた(明日25日は、「コミュニケーション/ゲームのダイナミクス」@2.5D、27日深夜はTBSラジオLife「ゲームと社会設計」)。
    ゲーミフィケーションというのは「ゲームのノウハウをゲーム以外のものにも応用しよう」ということ。
    ちょっとした流行語らしい。
    ゲーミフィケーションの実例がガッツリ載ってる本、原題『REALITY IS BROKEN』、邦題『幸せな未来は「ゲーム」が創る』(豊富な実例と盛り上げる書き方がおもしろいよ!)が刊行されたからだろうか。


    2008年にスタートしたソニー銀行の「人生通帳」
    当時は「ゲーム感覚」って言ってたけど、今ふりかえると、まさにゲーミフィケーションだ。
    「ゲーム感覚で資産管理」できるようにアドバイザーとして参加。
    そのときの発表会で話した内容が、ゲーミフィケーションについてわかりやすく語ってると思うので、以下に引用。
    持ち時間五分だったので、パワーポイントなしで、テレビのリモコンとケータイのマニュアルを小道具に話した。
    2008年3月26日の発表会。

    米光一成です。ぼくは「ぷよぷよ」などのゲームのディレクションをしたんですが、「ぷよぷよ」遊んだことがある方。(何人かの手が挙がる)ありがとうございます。
    その中で、マニュアルを読んだ方は…………。いませんね。
    そうです。マニュアルを読ませるようなゲームはダメなんです。
    何も知らないこどもが最初の10分で夢中にならなければ、そのゲームはダメだ」と先輩から言われたことがあります。 ゲームというのは、遊ぶためのもので、生活の必要に迫られてやりはじめるものではない。ので、つまらなければ、すぐポイっと捨てられてしまう。わからなければ、それ以上やりつづけない。
    「マニュアルを読んでやろう」なんて思ってくれるのは、まれなことです。
    携帯電話なら、使わなければとても不便な世の中になってきたので、がんばって使ってくれます。自分の携帯電話のマニュアルを持ってきたのですが(取り出す)、500ページ超えてます。
    ゲームは、こういったマニュアルなしで、簡単にはじめられて、すぐに楽しめて、操作性や機能を、その楽しみの中で教えていく工夫をしなければ、誰も遊んでくれなかった。だから、「簡単にはじめられる」ノウハウが蓄えられているんです。

    (リモコンを取りだし)うちのビデオのリモコンです。今ごろ妻が「テレビが見れない」って騒いでると思います(笑)。
    来る途中、電車でボタンの数を数えたら、36個あった。36個かと思ったら、ここがスライドして16個またボタンがあった。合計52個もボタンがある。どれが、なんのボタンかわからないです。
    本当なら、これ、最初はボタン1つでいいんです。スイッチをオンにするボタンだけでいい。ここに大きくオンのボタンがひとつついてればいい。それを押すと、電源がオンになって、その後、にょきにょきっと次に必要なボタンが3つ出てくればいい。そういうふうにボタンが増殖するシステムになっていれば、ボタンを押しているうちに使い方がわかる。
    シンプルになってることが、大切なんですね。
    ボタンに対する信頼性につながるんです。
    自分に必要なボタンがわかって、押してみようと思わせる。
    たくさんボタンがあるとどれを押せばいいんだろう、と不安になる。でもそれが1つだったら、どういうボタンであるか、推測できる。わかることは安心です。押してみようか、と思う。やる気にさせる、行動させる工夫です。
    ゲームは、やる気にさせる工夫をたくさん詰め込んでいます。「ゲームにハマる」とよく言いますが、「もっとやってみたい」と思わせることがゲームの楽しさにつながるので、そうなるようにさまざまな工夫をしているのです。

    簡単にはじめられて、もっとやってみたいと思わせる。そうやってハマってるうちに、こどもは、そのゲームのルールや仕組みを理解していきます。どうすれば勝てるか、どうすれば次へ進めるか、どうすれば上手くいくかが、わかってくる。わかっていくように導いているんですね。そのように作っているんです。
    小学生のこどもが、ポケモンカードで遊んでたりしますが、あれ、そうとうルール複雑です。勝とうと思えば、確率を理解したり、カードに書いてある文章をしっかり把握したり、戦術を立てる力を要したり、そうとうたいへんな知恵が必要になってます。
    「シムシティ」という町を育てるゲームがあるんですが、それをプレイすると、町の仕組みが、理解できるんですね。「信長の野望」が好きだから、戦国武将については、学校の先生より詳しいというこどももいます。
    そういうふうに、ゲームを通して、何かを学ぶ、ということが可能なんです。
    勝間和代『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』がベストセラーなので、読んでみたのですが、金融リテラシーを学びなさいって書いてありました。でも、学ぶのはたいへんですよとも書いてあった。
    たいへんなのはイヤです。
    そういうときに、ゲームみたいに、簡単にはじめられて、楽しく続けられて、どんどんやってみたい、と思えれば、たいへんじゃなくなる。そういった中で、いろんなものが学べるといいと、ぼくは考えています。もちろん金融も、そうやってたいへんな思いをしなくても、学べるといいなーと考えます。
    そして。「人生通帳」が、そういうふうなモノになると、ぼくは考えます。
    たとえば「お金マップ」には、自分の資産が図示されます。ここの数字を変えると「円高が進むと資産がどのように変化するか」が、パッとわかる。こんどは、こっちを変えてみよう、そうすると連動して何が変化するか、どうなるかが、パッとわかる。
    実際の自分のお金がどうなるか。
    それが、ゲームのように、簡単にはじめられて、楽しく続けられて、パッとわかる、そういったなかで、金融の仕組みがわかってくる。
    「人生通帳」は、そのための第一歩だと考えています。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM