<< 節制と悪魔 | main | 「編集・ライター講座 上級コース」シーズン3は何をやるか >>
2011.10.31 Monday

句会をはじめるための本

0
    「東京マッハ2」@阿佐ヶ谷ロフトA、盛り上がったなー。みんなありがとう。池田澄子さんの隣で、最初、半身だけ緊張するも、すぐにリラックスして楽しみました。
    「句会やってみたいけど、どういうふうにやればいいんだろう」というつぶやきを聞いたので、「超初心者が句会をはじめるための方法」とか書きたいけどそれはちょい時間ができてからとして、ひとまず入門書や参考になる本を紹介することにしよう。

    まずは俳句の基礎と句会のルールを知るための3冊。句会のルールを知るための入門書があんまり見つからないので、このへんは良書が出てほしいところ(なんかいいのあれば教えてください)。

    坪内稔典『坪内稔典の俳句の授業』
    小中学生や国語先生を対象に、出前授業をやったリポート「第1章 俳句の授業」を軸として、俳句の魅力を伝える一冊。こどもたちの句や活発な鑑賞、うまく場を作る稔典先生とのやりとりが楽しい。 俳句入門の最初の一冊として激オススメ。

    小林恭二『俳句という遊び―句会の空間』『俳句という愉しみ―句会の醍醐味』
    著者の小林恭二は、「まっとうな句会」とは“俳句を媒介にして、日常とりえないような高度で玄妙なコミュニケーション(=遊び)をとれるような座”と説明する。その「まっとうな句会」を“当代一流の技量を有する俳人たちが、流派の別を超えて”開いてリポートしたのが本書。リポート中に、句会のルールがていねいに説明され、句の読みも随所に挿入されている。いきなり俳句についての予備知識がなくて、この本を読むのはハードルが高いかもしれない。俳句にふれて、「句会ってどういうもの?」と思いはじめたころにはぜひ読むが吉。歌合リポートの『短歌パラダイス―歌合二十四番勝負』もある。

    長谷川櫂『一億人の俳句入門』
    リズム、一物仕立てと取り合わせ、季語と季題、無季と季重なり、循環する時間、日本語の構造といった俳句の基礎を詳しく解説した入門書。とはいえ“従来の入門書に書かれていることでも不要なものは捨て、逆に、大事なことについては詳しく書い”てあって独自性の高いものになっている。同じ著者の『古池に蛙は飛びこんだか』は、「古池や蛙飛び込む水のおと」という有名な芭蕉の句についての考察を通して俳句についた考えた本。めちゃくちゃおもしろいのでこちらもオススメ。
    長谷川櫂『句会入門』って新書、良さそう。今度読んでみます。


    「句会をやろう」って人を集めるのはいきなりハードル高いとお悩みの紳士淑女のみなさまは大喜利感覚のスタートもいいかもしれない。その参考になる3冊を紹介。

    さまぁ〜ず『さまぁ〜ずの悲しい俳句』
    左ページが俳句で、右ページがツッコミという構成で、ネタ本として楽しんでもいいけど、順番に読んでいくと、俳句の基礎(季語がどうして必要か。切れ字とはどういう効果があるのか。字余り・句またがりが何故発生したのか)がどうしてそういうルールになったのかが、わかってくる本。というわけで、あなどれない良書。

    ブルボン小林『ぐっとくる題名』
    気になるタイトルをあげて、あれこれタイトルを「読んだ」エッセイ集。タイトルの読み方が、俳句の読み方と重なるところが多い。とくに、竹下龍之介くんの第一作目『天才えりちゃん金魚を食べた』のタイトルがいかに素晴らしく揺るぎないかを、「二物衝撃」の概念を使って解説している項は必読。

    森絵都&荒井良二『あいうえおちゃん』
    俳句や短歌同様、リズムを使って言葉を楽しむ本。
    “あきすに あったら あきらめな”
    から始まって、あいうえおかきくけこ……と順に、頭に同じ文字がつく445のリズムのフレーズがどんどん出てくる楽しい絵本。
    好きなフレーズをちょっと引用。
    けれども けっきょく けがさんぼん
    こんなに こうがく こうねつひ
    さっきの さむらい さるだった
    さんざん さわいで さっていく
    しんだら じごくで しょっぴんぐ
    せっしゃの せがれは せーるすまん
    ひきょうな ひぐまを ひっぱたく
    らっこの らいばる らっこっこ
    るんるん るんるん るんるるる
    わいわい わらって わすれよう

    ■以前、コメント欄で「あいうえおちゃんごっこ」を楽しんだ→森絵都&荒井良二『あいうえおちゃん』が楽しいのコメント


    その他、いろいろ。


    俳句といえば季語。無季でOKという座にするにしても、歳時記が一冊、手元にあると便利。
    『基本季語五〇〇選』
    基本季語をしっかり解説。じっくり読んで楽しめる。
     
    合本俳句歳時記 第四版
    季語2537、傍題5034。一冊手元にあれば安心。ぼくはiPhone版を愛用しています。

    夏石番矢編『「俳句」百年の問い』
    正岡子規、芥川龍之介、寺田寅彦、加藤楸邨、桑原武夫、山本健吉、坪内稔典、柄谷行人、中上健次、夏石番矢ほか、三十二の“俳句本質論の選りすぐり”。

    『池田澄子句集』
    ■佐藤文香『句集 海藻漂本』
    ■平井照敏編『現代の俳句』
    『金子兜太 高柳重信集』
    『ユリイカ2011年10月号 特集=現代俳句の新しい波』
    句や論考、インタビューなど。米光の10句(ドラクエ句とか)もあるよ。

    ちょっと最新の本が手薄なので、そのうち追記します。


    11月26日スタートの宣伝会議「編集・ライター講座」(公式Q&A)でも、俳句に関する初級ワークショップを一回やる予定(前シーズンで好評だったので)。日々、言葉や表現を意識するツールとしても俳句はとても有効です。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM