<< 講座生、その後の活躍:「編集・ライター講座 上級コース」シーズン3 | main | 最近の原稿 >>
2011.10.23 Sunday

Q&A「編集・ライター講座 上級コース」シーズン3

0
    宣伝会議「編集・ライター講座 上級コース」シーズン3(公式サイト)がスタートする。

    いままで受けた質問をもとにQ&Aをつくりました。質問があれば、ツイッターやコメント欄で気楽にしてください(ここに追加して回答します)。

     講座を通して実際の仕事につながったりもするのでしょうか?
     実際の仕事につながった例は、たくさんあります。「編集・ライター養成講座 上級コース」シーズン2講座生、その後の活躍を参考にしてみてください。
    あなたがそうなるかどうかは、あなた次第です。

     講座生の書いた成果物が見たいのですが?
     「未来に関するテキスト 電書に関する本55冊」は、電子書籍に関する本のレビュー集。講座生が手分けして書いた。
    米光が責任編集ということで、講座生が書いた原稿を何度もチェックし、リテイクし、書き直してもらって、合格した55本のレビューを集めて、電子書籍として出版した。
    その55本のレビューから30本を抜粋したものが『誰でも作れる電子書籍』(インプレスジャパン)に収録されているので読んでみてほしい。
    他にいくつかWEB上で読めるものとしては。
    ビジスタニュースに掲載された「松永肇一「ホメオパシーと知恵の輪」」
    エキレビ! 畑菜穂子の記事
    エキレビ! 夏トマトの記事
    エキレビ! オグマナオトの記事
    Webマガジン幻冬舎「お前の目玉は節穴か」のオグマナオト、畑菜穂子の回。
    雑誌や本や編集系は、講座生、その後の活躍を参考にして見つけてみてください。

     ライター・編集それぞれ分野は広いと思うのですが、レクチャー内容は特に決まった専門カテゴリに限定されるのではないと考えていいですか?
     ある種のカラーがあるほうがプロとしてやっていけると考えています。なので、書く側に対しては、カラーというか、得意技というか、まあそういうものを求めます。
    照明に強い。嵐に強い。デジカメの構造ならまかせ。自分の弟のことなら誰よりも詳しい。ゾンビのことばかり考えてます。なんでもいいんだけど、ずっと興味を持って考えたり発見したりできることが必要だと考えています。
    そういったカラーや得意技を、書くことによって、見つけて、伸ばしていく。同時に原稿の届くリーチを伸ばしていく。それを武器にしていろいろなことについて書けるようになる/編集できるようになる。そういったことを目指す講座です。

     自分にはそういった得意技みたいなものがないのですが……。
     あります。
    「自分がどういうことを書けばいいのか分からない」「どういうカラーが適しているのか分からない」という人は、講座を通してそれを見つけることができます。
    その人に応じた、その人ならではの方法論を見つけてもらうために、ぼくは、あなたと実際に会って、あなたの文章を読む必要があるのです。だから、講座という形式でやるわけです。
    “いま私は「風車ライター」なんて名乗っていますが、講座を受ける前までは「風車について書く」という以前に、「風車が自分の表現のテーマになる」という発想そのものがありませんでした。”なんて受講生もいます。
    本人が思ってるより、ひとは、ひとそれぞれ全く違います。オリジナリティを持っています。ひとはそんなに単純じゃない。
    本人にとってはあたりまえのことでも、他の人にとってはすごく興味深いことだ、ということがたくさんあります。
    自分では何でもないことや、弱みだと思っていることが、しっかりと意識することで、得意技になります。
    のみこみが悪いという弱点ですら、「のみこみが悪い人でもわかるように書く」という意識にひっくり返すことができれば武器になります。
    自分の中に他者の視線を持てば、それは見つけられます。
    他の受講生と一緒に、外に向けたテキストを書き続けることで、「自分の中の他者の視線」を身につけることができます。

     受講料が高いです。安くならないですか?
     宣伝会議の講座は高いよねぇ。でも、その値段ぶんのことをシーズン1シーズン2はやったと思う。skypeの打ち合わせやメーリングリストやUstreamを含めれば、講座期間中、講座生と対話しなかった日はなかった。というか講座が終わった今でも対話している。
    (今回はfacebookのグループを使います。プレ講座と題して、講座開始前からちょいとやってます。申し込んだ人はfacebookで米光一成を検索して「講座行きます」ってメッセージとともに友達申請してください)
    あと原稿料のある仕事をゲットしたら、差し引き考えれば安くなるよ(仕事が発生した場合、ぼくがいくらサポートしても、中間搾取したりしません。原稿料は全額、受講生に手渡されます)。
    あと、教育ローンがあるので活用してみてください。
    教育ローンは、けっこういけるらしいです。学生じゃなくても可だそうです。ぼく自身は詳しくないのですが、宣伝会議の担当者に相談してみてください。

     文章が上手くなりますか?
     「文章が求められるか」「届くのか」「興味深いか」ということをポイントにします。
    誰でも書けるような文章や、読者投稿欄みたいな文章を書くための講座ではありません(そのようなタイプの講座はたくさんあるので、そういうことが目的の人は別の講座へどうぞ)。
    書きたいこと(得意技)が見つかれば、それを伝えたいというモチベーションが生まれます。そうすると「正しい文章」よりも、届く文章を書きたくなります。
    そのための講座です。

     「届く」というのはどういうことですか?
     「書きたいこと(得意技)」で世界を切り取って眺めることで、新鮮に世界を観察することができます。そうなれば新鮮な発見がみつかります。その発見を伝えたくなります。どうにかして伝えようと書くことで、また新たな視点を生み出すことができます。その新たな視点で、世界をまたさらに別の角度から新鮮に観察することができます。そういうループで、届けるリーチを伸ばしていくことは楽しいよ。というような意味での「届く」ということです。

     どうやって自分の強みを見つけるのでしょう?
     その部分をまさに米光講座で実際にやっていきます。自分の強みを見つける方法も、個々それぞれ違うので、トレーニングしていくなかで、個別の指導もしていきます。米光講座シーズン1では、スカイプなどを使って個人面談をしたり、個々の文章で個人講義をしたりしました。シーズン2では、そういった方法にプラスして、チーム間のやりとりを重視しました。シーズン3では、その双方をやっていきます。

    「簡単に情報発信ができる時代に、あえて編集・ライターのプロの技能を身に付けることは、重要なのでしょうか」といった疑問は僕自身が常に考えています…
     テキストや表現したものを、ネットや電子書籍などを使って、全世界に開かれた場所に置くことはできるようになった。けど「自分が納得したものが表現できるか」「ちゃんと読んでもらえるモノになっているか」「自分は何を表現しつづければいいのか」という部分は、どうだろう?
    受講生のひとりが、こう言ってくれた。「米光さんの講座は、誰にでも通用するわかりやすいノウハウを教えるんじゃなくて、自分だけの武器を見つけるための講座。で、その武器を見つけて、使っていく過程で、どんどんノウハウがわかってくるから、自分自身のノウハウになる。そうなると書くのが楽しくなる」
    発信すべき情報や、その伝達方法を、もっと自分にとって納得がいくものにする。「表現することは、世界(の一部)をデザインすることだ」と考えて、講座をやっていきます。

     書く仕事をしてるけど、もう一回ちゃんと学びたい人にはどうですか?
     もちろん歓迎。シーズン1,2では、すでにプロとして原稿を書いている人が何人か受講してくれました。
    プロの原稿(テープ起こしから完成原稿)を資料にした講座をやったりしたよ。

     1stシーズンにて発生した実践故のハプニングと、それを解決へ導いた好事例は、どんなものがありましたか?
     うーん「勝手に依頼しちゃったよ!」とか、いろいろあったけど、まあ、あんまり公の場で発表できないYO!
    といっても、ネットなどで連絡を取り合って進めたので、大変な事態になるまえに解決してます。

     課題が出るそうですが、日々どれぐらいの時間を必要としますか?
     もちろん必要な時間は、ひとそれぞれ異なるでしょう。最低でも、平均毎日30分の執筆時間(直接書いている時間)は必要だと思う。でも、書くということは、机に向かってる時間だけじゃないからね。表現者は24時間表現者なんだ(←ドヤ顔で)。
    課題は出るけど、やるかどうかは本人次第。でも、まあ、やらないと力はつかない。

     どんな課題が出ますか?
     いま準備しているのは「エキサイトレビューに掲載されることを目標とした原稿を書け!」という課題。ぼくはもちろん、エキサイトレビュー編集者が読んで評価します(良い原稿があれば、エキレビライターデビューしてもらいたい)。
    チームで書いた文章を交換して読み合う(批判/批難はナシで、指摘だけを交わす方法ですすめます)。
    他、いろいろな文章を書いたり、表現をしたりします。
    課題は、自分がやりたい課題だけをやればOKです。
    また「電子書籍雑誌」を作る電書雑誌部も結成予定。他、課外活動の部をいくつか作れるといいなーと思っています。
    ■リンク
    「編集・ライター講座 上級コース」シーズン3は何をやるか
    文章を書いたらチェックしたい17の項目改
    「勢いで書いた文章の方が良かったりする」の謎
    米光のライターの仕事
    「こうして編集者・ライターになりました」
    講座生、その後の活躍


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM