<< 「こうして編集者・ライターになりました」 | main | 無料体験講座「発想のトレーニング」 >>
2011.10.06 Thursday

意識と企画

0
    立命館大学ゲーム制作実習の授業の進行表と関連リンク(受講してない人には断片すぎて分からないところ多々あるかもしれない)


    Lost In Space - Apollo 440

    後期第二回
    前半
    10月4日。火曜日。
    後期第二回目。タロットカードで象徴させるなら、1から10で一周で、螺旋の二回り目の2番目のカード、カードナンバー12の吊された男The Hanged Man。
    試練のカードと言われていて、足縛られ、手も縛られ、ひっくり返されちゃってる。ひとつ前のカードJustice、右の天秤で自ら判断して、左の剣で決断した、その次のステップのわりには、あんまりいい感じになってるようには見えない。修行、忍耐、試練を象徴すると言われています。
    けど、ぼくはこのカードが好きです。その理由はまた後ほど。

    今年も、授業中のツイートOKです。ハッシュタグは#yon2010で行こうか。
    さて、前回の「ぬき打ちテスト」のおもしろかったものを紹介。
    (中略)
    「ものをつくるということは、生きている問題だ」ってことを話しました。
    世の中には、答えがすでにある問題もあります。問題を出す側が答えを知っていて、相手を試すように出題する。あらかじめ答えがあるのに聞いちゃうわけですね。
    ところが、「ものをつくる」というのは、どこにもない「答え」を作りあげて、作ったその答えが「問題」となるような行為なわけです。
    (中略)
    もうひとつ話したことがあります。適切な採点方法がまだ見つかってなくて悩んでいるって、相談しました。
    でね、話すと、考えがワンステップ進むね(思いついたら、話したり、すぐやってみるといいよ)。
    なんで、採点がむずかしいのか。
    (中略)
    で、考えた。
    いっしょにつくりましょう。
    ゲーム制作実習なので、ゲームをつくる。ゲームの定義は、納得させてくれれば、それぞれ自由に定義していい。というよりも、いまある狭いゲームの枠にとらわれないほうがいい。
    あなたがつくりたいゲームをつくる。
    ぼくが、プロデューサー、もしくはアドバイザーとして、それを支える。
    という方法でつくっていこうと思います。
    (中略)
    そのうえで気を配ってほしいこと。それは意識するということ。
    『紳竜の研究』ってDVDがあって、そこで紳助が言っている。
    「すごい努力してますね、って言われるけど、まったくしてないよ。掛布さんも同じこと言う。虎風荘で、寝る前に毎日500回バットふってた。だからミスタータイガース、掛布になれた、と言われる。紳助さん、違うんですよ、と。プロなったら、毎日500回ぐらい全員素振りしてますよ。それ努力といえますかね」
    ただがむしゃらに努力してもダメである。
    「意味なく500回素振りしたら腕太くなるだけやで。みんな、してる。一所懸命してる。筋トレやねん、そんなものは。意識して、500回のうち1回1回をイメージして。ピッチャーがおって、それが誰で、何球目で、どう投げるか、イメージして、意識して、500回振る」
    努力じゃなくて、意識することが大切だ、と。
    「ボクサーは1日3時間以上練習したらオーバーワーク。ものすご漫才師と似てると思う。異常な練習はダメ、たくさん練習したらダメ。いっぱいネタあわせして、気持ちよくて、うまくなった思うのよ。でもそれは、うまくなったんでも面白くなったんでもない、たんに馴れただけ。ネタは必要以上の練習はしない。そんなことより、もっと基本的なことしなあかん」
    (意識すること、戦略を練ること、先行優位を使うこと、などを話す)
    というわけで、企画案を出してもらいます。
    (自分マトリクスの作成)

    後半
    (課題マトリクスの作成。自分マトリクスと課題マトリクスを融合させて、企画案を出す)
    (答えが先にある試験ではないので、課題や企画案は、いつ出してもOKです。後からメールで送ってくれてもいい。再提出も可)

    さて12番The Hanged Manのカード。
    こいつ吊されてるけど、表情は穏やか。しかも、頭の後ろがピカーって光ってる。後光がさしてる。
    これ、動けなくてじっとしているけど、「意識」はしているんじゃないか。筋トレはできないけど、意識をもって、戦略を練っているんじゃないか。
    手も足も出ない、武器を持ってない、きっと何者にもなれないと思っているお前達が、自分で判断し決断したうえで、意識を研ぎ澄まし戦略を練ることで、次のステップに進める。という解釈も可能だと思うんだ。だから、このカードが好きだ。
    第二回目終幕。メールありがとう、二三日中には必ず返信してます。感想質問リクエストは*****まで。それでは、また火曜日に、さようなら。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM