<< Processing入門+openFrameworks | main | 0311text(電書版・テキスト版)無料公開 >>
2011.08.10 Wednesday

表現道場マガジン3号

0
    池袋コミュニティカレッジ(池袋駅からすぐ)で、「米光一成の表現道場」をやっています。
    第3土曜 15:00〜16:30。
    4/16の第一回目で「表現道場マガジン部」を結成。
    講座第二回目の様子を電書化した「表現道場マガジン1号」(「読んでほしい本の魅力を一人3分で表現する」)、「表現道場マガジン2号」(「紙とペンでゲームを作る」)に続き、講座四回目「自分マトリクスで共通点を拡げる」を電書化した3号も完成。

    iPhone,iPadで読む場合はePub版(iBooks推奨)(980KB)
    PCやKindle用PDF版(3270KB)
    スマートフォン用PDF版(3280KB)


    以下「道場主からひとこと」を引用。
    自分をふりかえるために、ぼんやりと感じている自分というものを、要素分解し、言葉に変換して、書き出すことで、外部化するのが「自分マトリクス」という方法論だ。よく「マインドマップ」みたいなの?と言われるけど、まるで違う。マインドマップは線で結んで分類するのだが、「自分マトリクス」は分類することをさける。ばらばらのまま吐き出す。AとBとCを整理整頓して理解するのではなくて、いままで繋がらなかったAとZが結びつくんじゃないかと気づくために、AとDとMとZが散らばって混乱したまま一枚の紙の上に書き出す方法論だ。実際にやってみるとわかるが、マインドマップとはやり終えた感じが大きく違う。
    自分をわかりやすく整理整頓するのではなく、自分をいったん他者として再度見つめ直す。新しい視点から自分を見ることで、自分を再構築していく。
    だから「自分マトリクス」をやると、「自分のことを案外自分は知らないものだなあ」って感想がよくでてくる。 ところが、混沌としたバラバラを楽しもうとしても、ひとというのは、どうしても既存の結びつきに溺れてしまう。だから、他人にかきまわしてもらう。自分マトリクスを他人に見せて、あれこれ質問してもらって、答える。他人の視野から捉えなおしてもらうということをやってきた。
    とはいえ、他人の視野をいれても、話していると、いわば常識とか、「ふつーの考え」になってくる。わかりやすく整理整頓されてしまう。
    もっとかきまわすことができないか。
    以前、「100人ぐらいで好きな映画を5本書いて一致する人を探す」ってことをやってみたんだけど、これが1本は合うんだけど、2本以上一致する人はでなかった。けっこう合わないものなのだなー。
    ってことで、今回は、「自分マトリクス」から、共通点を見つけ出し、抽出するということをやってみた。
    自分の中の要素が、他者と混じり合い、漏れていって、融合し合うとおもしろそうだというイメージを元にやってみたけど、なかなかむずかしい。
    共通点の点をどれぐらいの解像度にするのか、ってところでとまどってしまう。たとえば「本」で一致っていうとあまりにも大雑把すぎる。「あ、こんなに具体的なことで一致するとは!」っていう意外なところが見つかるとおもしろい。そのポイントをどう引き出すか。このあたりは、もうちょっと要研究だ。
    で、終わった後、雑談してると、4人ぐらいが、職場がみんな銀座って共通点がわかって盛り上がったりしてたんだよな。
    (自分で再読して、ぼんやりとした本で一致してもダメだけど、そこに何か芯が見つかれば本でもいいんだよな、と気づく。その芯を見つけるためにはどうしたらいいのだろう? 芯をつくりだせばいいのか)
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM