<< 「米光一成のこのアプリいいヨネ!」『iPhone Magazine』 | main | エキレビ!ナイト >>
2011.07.27 Wednesday

議論の引き際のための11のルール

0
    対話のつもりでも、長引くと、好戦的な視野になってしまう。
    そうなるといけない。
    どんどん視野が狭くなってしまう。
    どんどん建設的な対話でなくなってしまう。
    「相手を打ち負かす」という姿勢は虚しいだけだ。

    襲いかかってくる者は攻撃することしか頭にない。でも先生は他の可能性もあるのだと見せることができる。「攻撃とは狭い視野でしかない、もっと広く」と。
    日野晃/押切伸一『ウィリアム・フォーサイス、武道家・日野晃に出会う』

    そういうときは、やはり「そこから離れて頭を冷やす」ということが必要。
    リアルな場であれば、それも簡単なんだけど、ネットだとむずかしい。
    ずるずると長引かせてしまう。
    そこで、自分内ルール化することにした。

    【“悪口言い出した人は泣いてるのでそっとしておいてあげよう”の法則】
    「キモい」「バカ」「アホ」「死ね」など錯乱しはじめたら、落ち着くのを(三日以上)待ってあげる。礼を失した人には、頭を冷やす時間をあげよう。
    事例:「もしかしてIQ低いですか」「この人は頭が悪いのか、心が濁ってるのか判別が付かないけど」「へた」「黙れ」「信者だな」「よほど偉いのだろう」等

    【“常識という「我々」の向こうに逃げ隠れした場合は追い詰めてはいけない”の法則】
    「〜は常識だ」「〜は非常識だ」と言い始めたら、もう追い詰めないようにしよう。まとめにはいろう。
    類例)「〜のどこがいいんだ? わからん」と言って批難するケース。「〜するのが普通」「〜するのが当たり前」「分かってないなら黙れ」。当事者じゃないのに当事者ぶって「〜に謝れ」も同ケース。

    【未来志向でいこう】
    言い分が途中で変わっても、「最初は違ったじゃないか」と過去を責めない。意見が変わったことをよろこぼう。

    【言ってないことをでっちあげて批難するひとりずもうには……】
    引用符でくくりながら正確な引用でない人には、その点だけを指摘してあげて、それ以外はそっとしておいてあげる。
    また引用すらせずに、書いてないことを勝手に読み取って反論してくる人は、もっとたちが悪い。
    勝手な解釈、拡大解釈をする人は、こちらのテキストに怒ってるのではなく、自分の中にある問題に怒ってる場合が多いので、そっとしておいてあげよう。

    【読む力ってけっこう大切】
    微妙にズレて解釈されて、返信がくると「いやいや、そうじゃないです」と訂正したくなる。だが、訂正を相手にメッセージしても、その訂正を誤読することが多いので、よけいにこじれる。
    「言ってるのに等しい」「たいして変わらないことを言っている」「ねじ曲げていっているのではなくて、言い換えているだけ」と言い出す人もいる。
    しまいには、相手から絡んできたのにもかかわらず「変なのに絡まれた」などと言い出す。
    今後さらにねじ曲げられる可能性が大きいので、読解能力がつくまで(一年以上)待ってあげよう。
    事例:「〜と取られても仕方ない」「どう考えても〜だ」「どう見ても〜だ」「~と読めます」「~と書いてますよね」

    【勝手に心を読み始めたら】
    「あなたは〜と思ってますね」「怒らせてしまったみたいですねぇ」「〜な状況になったらそんなこと言わないくせに」「あなたの想定してる何かがあるはずです」と勝手な妄想で他人の気持ちを読解しはじめたら、超能力妄想がおさまるまで(三日以上)待ってあげる。
    勝手なレッテル貼りも、このパタン。「感情的だ」「攻撃的だ」「特別な立場だから」といったレッテルを貼り出すと、これも議論にならない。
    超能力妄想がおさまるまで(三日以上)待ってあげよう。

    【逃げ道をふさがない】
    対話の内容と関係ないことを言い始めたら、そっちにのってあげる。
    逆に、「逃げないでくださいよ」「はい論破」「こちらが正しいと分かりましたね」と言う人もいる。対話をして解決するためではなく、言い合いになっているだけなので、「どうぞ、あなたの勝ちですよ」と心の中でつぶやいて、そっとしておいてあげよう。

    【急に弱者になる】
    公のネットの場で相手の悪口を書いたうえで、それに対してリアクションすると、急に弱者になるケースは多い。「強者の理論だ」「弱者を晒し者にするのは酷い」「想定外の大きな場に出すのは問題」とか言い出すケース。泣きながら逃走して何か言ってる状態に近いので静かに逃してあげよう。

    【文脈事故】
    RTや引用によって一部分だけを読んで、かっとなって反論してくるケース。感情的な反論で、相手が自分をフォローしていない場合はこのケースを疑ってみよう。文脈がズレてることによる事故だから、文脈事故であることを伝えて、それまでの対話の全文を読んでもらって参加してもらおう。

    【原因違い】
    異論を唱える原因が実は別のところにある場合がある。Aについて腹を立てたけど、それは言いにくいのでBを批難するというケース。こうなるとBについていくら対話しても虚しい。その人の過去の発言を読んだり、相手の背景を考えてみよう。相手の気持ちを類推することで解消することがある。

    【要因違い】
    特別な経験が異論の要因になっている場合がある。包丁で刺された経験があるので包丁を見るだけで「わーっ」って言ってしまう人に「包丁が悪いのではなくて刺した人が……」と言ってもなかなか通じない。個人的な要因をもとに一般論として語っている場合も多い。そのような気配をさっしたら、ゆるやかに解散しよう。
    【間違いを謝罪しない】
    間違いを指摘されて、それを認めても謝罪しないパタンもある。自分が持ちがした話題なのに「そこのとは置いておいて」とか言い出して別の攻撃をしかけてくる。このときも相手はもう相手を屈服したいだけの怒りで視野が狭くなっている状態だ。そっとしておいてあげよう。

    【長引くのがそもそも……】
    たとえばtwitterでの対話が長引いた場合。有意義ならば、会って話したり、もっと便利なskypeなどのチャットで行うのがいいのではないか。場を変えることを検討してみよう。

    【論点がずれたら1日置く】
    論点がずれてるやりとりが二往復したら、1日置く。
    論点がずれる原因は、視野狭窄になっているか、ずらしたいか、だ。
    どちらにしろ続けていてもズレがなかなか解消せず、双方が不愉快になる可能性が高い。
    実際の対話だと、表情や、言葉の補足が可能なので、ズレを補正することが容易だが、テキストだとそういった微妙な補正がむずかしい。
    読む側も、多様な解釈ができるために、ズレた視点で解釈してしまって、双方が、「なんで、そんなこと言ってるんだろう」って思いながら、テキストをやりとりすることになる。
    こういう場合、一日置くと、視野の狭さが少しゆるむ。お互いが、ゆったりと考えることができて、相手のテキストをもうすこし違う視点から読むことも可能になる。
    *追記:「議論がずれてるやりとりが」という判断が難しい。ずれてるかどうかではなく、事務的な話ではなく議論で、双方が10分ごとにやりとりするスピードになったら、白熱しているので、まず1時間、間をあけようと考えるのが良いだろう。

    twitterでの議論の場合、相手のプロフィールと過去の発言を読んでからにしよう。
    追記。
    Twitterをやる人が増え、さらに気楽にツイートできる状況になってきたので、文脈事故の発生率があがった。
    もはや、Twitterは議論をするような場ではなくなったと考えたほうがいいだろう。
    噛み合ってなかったり、対立しているような意見は、最初からスルーする、1往復でやめるぐらいがいいだろう。
    精神科医ゆうきゆうのツイートを引用する。“ネットでの口論は無意味です。「勝ち」はありえません。ただ「あなたの大切な人生を使って、どうでもいい相手との時間を過ごした」という事実が残るだけです。”


    追記。
    上記は、乱暴に、以下のようにまとめられるかもしれない。
    冗談が通じない状態になったなと思ったら、いったんお休み。

    「わかっていても、やめられない。ついついリアクションしてしまう」という場合もあるだろう。その場合は、せめて相手のツイートをさかのぼって、じっくり読むことをオススメ。
    そうすると、その人が何故、そんなことを言ってくるのかが分かることが多い。
    たとえば、
    ・やたらめったら、だれにでも暴言を吐いているタイプ
    ・勘違いしやすいタイプ
    ・読んだり書いたりするのが不自由なタイプ
    ・過去に別のことで逆恨みしていることがある
    などなど。
    それが分かれば、少しは心穏やかに対応できるだろう。

    *さんざんやられて参ったと思ってる自分も、さんざんやってる危険性があります。自分がこうなっていないかのチェックにも使うよ!
    *「相手があることなので難しい」という意見。相手があることなのでなおさら待ってあげよう。上記状態になっている場合すでにそれは冷静な議論ではない。
    *相手の気持ちを考えて対応しよう。視野狭窄に陥って、自分が傷つけられたと思っている人は、少しのあいだそっとしておいてあげよう。傷つけた相手からの声は、やさしくても、正しくても、聞きたくないと思うだろうから。
    *そもそも悪口はストレス発散のために書き捨てているケースが多い。誤解を解こうにもストレス発散なので、何を書いても、読まずに反発し、「いつまでも言い訳してるヤツ」だと思われて、より誤解が深まるハメになる。
    *ゆっくりと意見を交換しあうこと。人の気持ちが変わるには長い時間がかかること。みんなをすべて同じ意見にまとめる必要はないこと。これらを忘れないこと。
    *相手にアットを飛ばさず相手のことじゃないというふうに反論を書くのはみっともないのでやめよう。「自戒を込めて」といったエクスキューズや、自分も昔はそうだったがうんぬんという書き方も嫌味だよ。

    以上、草案なので随時改訂していきます。


    関連:批判と悪口の違い
    平田オリザ『対話のレッスン』
    コメント
    コミュニケーションて難しい、わりと明るく社交的な人でも結構悩んでる人多いみたい、というか意外

    ロゴスとか対話とかいうのの語源は大昔の歴史で、古代の戦場で戦いによりバラバラになった兵の死者の体を集めつなぎ合わせ国に持ち帰ったとこから来てるらしい。その時の死者との対話、霊との対話、ひいては自身との対話からロゴスという言葉が生まれたと聞いてる

    答えの決まってない内容でみんなで議論するとそこに書いてるようにいきづまることもあるだろうなと思う。議論の行き詰まりもそうだけど、今で言うスランプとかも結局スポーツ選手や作家などが自身との対話に失敗して起こる現象なのかも。と ふと思った
    • マナエクスレギオン
    • 2011.07.28 Thursday 14:34
    【論点がずれたら1日置く】
    論点がずれてるやりとりが二往復したら、1日置く。
    論点がずれる原因は、視野狭窄になっているか、ずらしたいか、だ。
    どちらにしろ続けていてもズレがなかなか解消せず、双方が不愉快になる可能性が高い。
    実際の対話だと、表情や、言葉の補足が可能なので、ズレを補正することが容易だが、テキストだとそういった微妙な補正がむずかしい。
    読む側も、多様な解釈ができるために、ズレた視点で解釈してしまって、双方が、「なんで、そんなこと言ってるんだろう」って思いながら、テキストをやりとりすることになる。
    こういう場合、一日置くと、視野の狭さが少しゆるむ。お互いが、ゆったりと考えることができて、相手のテキストをもうすこし違う視点から読むことも可能になる。
    • 米光
    • 2012.02.15 Wednesday 14:38
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM