<< 松永肇一「ホメオパシーと知恵の輪」を読んで考えた | main | 9月のイベント >>
2010.09.10 Friday

米光予言はフリーになるとき考えた

0
    さあ!
    2010年9月13日、米光予言イベントだ。
    ここ10年ほど(酔っ払うと)喋ってた予言「金と労働と競争がなくなる」。
    ゲーム会社を辞めて、フリーになった。そのとき「俺はどうすると楽しいんだろう?」と考えた。
    いま、この瞬間はもちろんだけど、未来がもっと楽しくなるという実感がないと、いまこの瞬間の楽しさも不安にかき消されてしまう。
    だから未来も楽しい必要がある。
    で、そのために、俺はどうするといいんだろう?
    フリーだ、って言って、どういうふうに自由でいられるんだろう。
    それを考えているうちに、世界観ができあがってきた。
    あ、これはゲームの企画をやってるときと同じだ。
    ジレンマを軸に、ルールを決めていく。そのルールを実行しやすいような世界観を組み立てる。そこに常にインタラクションできるように設計していく。

    で、試行錯誤しながら形づくってきた「ルール」部分が、今年はじめに「夜のゲーム大学4」というイベントでワークショップとして示した方法論であり、その実践が「電書部」だ。

    で、世界観のほうは、じょじょに予言「金と労働と競争がなくなる」となっていく。
    今回は、その未来世界像を説明することで、予言を解説したい。

    まあ、突飛だと思われるだろうが、半分、妄想の馬鹿話を聞くぐらいの気持ちで遊びにきてほしい。

    もちろん「金がなくなってプリペイドカードになる」とか地域貨幣とかそういったレベルの未来予測ではない。お金がなくなった世界がどのようなシステムで稼働するか、そうすると労働はありえなくなり、その世界環境でひとは競争などしなくなる(するときは無理に特殊なコミュニティを作って楽しみのためだけにそれをするようになる)、ということをビジョンとして示そう。

    あと「入場料3000円で、しかもUst中継アリって、どうよ!?」と主催者に(いま、skypeで)かけあった。
    まあ30名の会場で、いろいろとやろうとしてるので経費かかっちゃうそうです。このあたりの仕込みは主催の同化Pのみなさんに乞御期待(ぼくも期待してます)。
    Ustream中継は、会場以外の人が観てるとムチャ言えないので「Ustは途中で止める可能性大」ということにしてもらいました。そのぶん会場では、遠慮なく妄想突破させるので乞御期待。

    残席もうちょい(昨日きいたら、あと9ぐらいだって)。よろしく
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM