<< 『崖の上のポニョ』を分かりたいという奇妙な欲望 | main | 超むりゲー >>
2010.02.05 Friday

『崖の上のポニョ』はタロットの大アルカナが象徴する通りに物語られる

0
    「『崖の上のポニョ』を分かりたいという奇妙な欲望」ってのブログに書いて、コメントでやりとりしてるうちに
    なんとかは、なんとかの象徴だって照応させる方法は、どんなものにも可能なので、その照応の結果「死後の世界」だって言うのは「夢」と言うのにほとんど等しい(まあ、ちょっと違うから、夢よりはおもしろいけど)。
    ちなみに、どんなものでも照応してしまうのが、魔術の基礎で、これをcorrespondence、略してコレポンと呼びます(このあたりは、長野まゆみ『箪笥のなか』講談社文庫の解説で米光が説明&実践しているので一読あれ)。
    コレポンしたくなる作品であるのはたしかなので、『崖の上のポニョ』は、魔術の教科書として最適なアニメだ。ポニョはタロットカードの大アルカナが象徴する通りに物語られている、ってぐらいのことは、すぐできるな、あ、やってみようかな。
    って、話がどんどんそれてきたー。では、また。

    最近、平日深夜ゼロ時30分から毎日30分米光ラジオっていうネット生放送をやってて。そこで、うっかりこの話になって、次回解説するよ、って言っちゃった。
    ので、さっき、がんばって、『崖の上のポニョ 絵コンテ』を見ながら照応関係をチェックしていったら! なんと、ギャッと驚くほどピッタリ。
    (ここから魔術師モード)
    なぜ「崖の上の〜」なのか。
    なぜポニョは水道水で元気になるのか。
    なぜポニョは喋れるようになるのか。
    なぜポニョは突然手足が生えるのか。
    なぜリサは止めるもの聞かず車で暴走するのか。
    なぜリサが大洪水の中でパニックにならず冷静に運転できるのか。
    なぜ発電機が止まりランタンを使う描写が丁寧に描かれるのか。
    なぜ、後半、死のイメージが濃厚になるのか。
    なぜポニョがぐりぐりすると赤ん坊がむずがるのをやめるのか。
    なぜおばあちゃんたちは元気に走れるようになったのか。
    すべて、これ、タロットの奥義を伝えんがためであります。
    宮崎駿は魔術師で、魔術の奥義をこどもたちに伝えるために『崖の上のポニョ』を作り、美しく完璧な照応関係をアニメーションの中に産みだしたのであります。

    本日の深夜ゼロ時30分。米光ラジオにおいて、ポニョの魔術奥義を解説いたしましょう。

    タロットに興味を持った人は、タロット:こどものもうそうを参照するが吉。
    コメント
    始めまして。AYAと申します。
    「ポニョ タロット」で検索したらここに着きました。
    ポニョとタロットという組み合わせ、とても魅力的に思えます。宮崎監督は実はちょっとオカルトを知ってるんじゃないかと思う時が以前からありました。
    夜の放送、可能であれば拝聴したいと思います。

    私も以前ポニョについての心理的考察の記事を書いたことがあります。よろしければリンク先に遊びに来てください。
    • AYA
    • 2010.02.05 Friday 13:55
    そうすけ(自我/元型)⇔浦島太郎⇔宮崎駿(自己/元型)

    ポニョ⇔人魚姫⇔アニムスアニマ(元型)

    海⇔グレートマザー(元型)⇔ 宮崎駿の死のイメージが重なり、少し黒ずんだ、例えば三途の川のような

    →包み込む→否定的イメージ(死の予感など)→「そうすけ/宮崎駿」→ストーリーに少なからず影響

    • マナエクスレギオン
    • 2010.02.05 Friday 22:24
    今日初めて拝聴しました。
    タロットの絵と映画のシーンの崖・ランタン・満月が一致するあたりが面白かったです。
    来週の放送も期待しています。
    • ああ
    • 2010.02.06 Saturday 01:20
    もうひとつ、記憶の片隅に

    死後の世界というテーマを人に伝えることの危険性

    もし創作を行うとき

    天国、転生etcというテーマ あまり美化して伝えないほうがいいかもしれない、思春期や不幸に直面したときなどに「現世では幸福になれないので来世で」「みんなのいる天国へ行く」という妄想にとり憑かれる人がいる。危ない

    冥界、煉獄etcというテーマ、(仏教など)あまり醜化して恐怖を伝えないほうがいいかもしれない。「一人でそこへ逝くのは怖いので親しい人を道連れにしよう」という妄想にとり憑かれる人がいる。危ない


    このテーマは伝え方を間違えると非常にまずい、慎重に。あるいは伝えないということもひとつの選択肢
    • マナエクスレギオン
    • 2010.02.06 Saturday 05:30
    どもー。米光ラジオ、大勢の人に視聴してもらって、盛り上がって嬉しや。
    タロットにはいろんな象徴が組み込まれてるので、うまくやれば、なんだって、照応できちゃう。特に、ポニョみたいな物語じゃなくて動きの快楽を優先させているようなのだと。
    って思ってやってみたけど、ここまでピターッと一致するとは! 崖・ランタン・発電機・月あたりはギョッとした。遊戯のつもりではじめたけど、調べてる間ちょっとゾクゾクしながらやってたなぁ。
    やっぱ、ポニョすげぇですよ。
    • 米光
    • 2010.02.06 Saturday 13:09
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM