<< それでも出版は今からがチャンスだ | main | 『崖の上のポニョ』はタロットの大アルカナが象徴する通りに物語られる >>
2010.02.02 Tuesday

『崖の上のポニョ』を分かりたいという奇妙な欲望

0
    twitter
    『崖の上のポニョ』は、そのまま素直に見るのが楽しい。アニメーションなんだから「わーっ動いている!」って感じで、理屈を添えないで身を任せて。まあ、最初のシーンで「ぐあーたくさん動くぅぅ!」って泣いてるヤツの戯言だがな。はははー、だ。
    ってつぶやいたことに関する補足。


    「途中から死後の世界だ」「夢だ」とか、そういう解釈は、呑み屋で、さんざん聞いた。あと「子供の教育に良くない」とかさ。もう10人以上から聞いた。
    そんな陳腐な解説は飽きた。
    『崖の上のポニョ』の話だ。
    テレビで放映するらしいから、同じことが繰り返されると退屈になるので、書いとくよ。

    そもそも、アニメーションは全て夢だし、死後の世界なの。
    自由に物語れば物語るほど、それは公のものではなく個のものになる。
    公というのは共通項で、自由からほど遠い。
    自由でありたいと望んでも、それだと伝わらない。だから、公の文法にあわせる。
    あわせるつもりがなくても、公に生きる部分の自分がでしゃばってくる。
    そうすると、わかりやすい共有されたルールに縛られた展開になる。
    どんどん公に近づくことで、最後は、みんな納得、ありがたい教訓の物語になるわけだ。

    アニメーションの本質は「絵が動く」ということだ。絵が動く快楽。それは、本当は物語から遠い。
    物語というのは因果を紡ぐことだから、自由ではいられない。自由に展開すれば、デタラメで、破綻していて、分からないものになる。
    物語の快楽というものもあるので、アニメーションは「動く快楽」に「物語の快楽」を付け加えた。
    「アニメーションは子供が観るもの」という先入観のために、わかりやすい教訓話の物語が量産される。公の軸に針が振れる。
    もちろん、今ではアニメーションも多様化し、そうではない物語もいくつかある。

    ということを前提に。

    宮崎駿ぐらいになると、成功したこともあるし、圧倒的なアニメーション(絵が動くという喜び)の力を持っているので、わかりやすい物語の快楽におもねる必要はない。
    個を描くことができる。
    世俗に併せたストーリーテリングなど必要ない。動きの快楽を追求するためには、それは不要どころか、邪魔にすらなる。
    動きの快楽だけを追求すればいい。
    だから、宮崎駿作品の物語は、個の追求に向かう。そして「動きの喜び」という担保(というのは言葉が悪いか)があるために、それを純粋に遂行できる。
    公のわかりやすい物語展開から逃れて、個の物語を、そのまま表現しようとすれば、それは社会的なルールや公のルールから逃れた夢に近くなる。死後の世界に近くなる。
    だから、夢だといったり死語の世界だという指摘は、解釈ではない。
    個の自由さが表現された、そのなかに身勝手に都合の良いルールを見いだして分かった分かったと言ってるにすぎない。
    物語で「夢落ちはダメ」と言われるのは、いくらでも勝手な展開ができるからだ。
    だから夢だとか死語の世界だとか言って勝手に解釈するのって(ポニョに限らず)、よっぽど新しい発見がないかぎりつまらないので、やめといてよ。

    おもしろい解釈は楽しいけど、「分かりたい」という欲望に従属して、たくさんの豊かなものを削り落とす陳腐な理屈は、つまらないと思う。
    コメント
    ポニョが死後の世界とかは考えたこともなかったけど、ポニョはたぶん人魚姫と浦島太郎を掛け合わせて作ったハイブリッドストーリー。人魚姫は王子様に出会えなくて困ってるし、太郎は乙姫と別れて病んでいるので引き合わせてあげると二人は幸せになれる。この話は足し算を行ったときすでに答えは決まっていた
    • マナエクスレギオン
    • 2010.02.02 Tuesday 18:05
    「夢の世界だ」ってのは、そう判断した理由をきく必要すらない、陳腐な感想だとは思いますが、「死後の世界」と同一視するのは乱暴な感じがします。

    私はポニョを公開時に観て、動く絵本だなあと楽しく観てました。その後にいろいろなひとの評価をみて、「死の匂いを否応なしに感じる」というのは、意外な観方で面白かった。

    自分の判断じゃなく誰かの受け売りで「死後の世界だ!」ってのはつまんない感想だとは思いますし、"「分かりたい」という欲望に従属して、たくさんの豊かなものを削り落とす陳腐な理屈は、つまらない"というのには完全に同意ですが、「死語の世界だ」ってのを「分かりたい」欲望に従属した感想と断じるのは早計ではないかと。

    わたしは、「死語の世界」系の感想をいうひとがいたら、もう少し掘り下げて話ききたくなると思います。飲み屋で。
    「死後の世界」系の感想は、トンネルは産道で、洪水を船で渡るのは三途の川で、水をあげるのは命の水で、3がキーワードになってて、巨大な母はグレートマザーで、うんぬーん、です。
    死後の世界って、誰も知り得ないから、個の夢が少し共有化したようなもんで(雑だなーオレ)、こういったタイプの作品との類似がいくらでも言える。
    しかも、なんとかは、なんとかの象徴だって照応させる方法は、どんなものにも可能なので、その照応の結果「死後の世界」だって言うのは「夢」と言うのにほとんど等しい(まあ、ちょっと違うから、夢よりはおもしろいけど)。
    ちなみに、どんなものでも照応してしまうのが、魔術の基礎で、これをcorrespondence、略してコレポンと呼びます(このあたりは、長野まゆみ『箪笥のなか』講談社文庫の解説で米光が説明&実践しているので一読あれ)。
    コレポンしたくなる作品であるのはたしかなので、『崖の上のポニョ』は、魔術の教科書として最適なアニメだ。ポニョはタロットカードの大アルカナが象徴する通りに物語られている、ってぐらいのことは、すぐできるな、あ、やってみようかな。
    って、話がどんどんそれてきたー。では、また。
    • 米光
    • 2010.02.03 Wednesday 11:37
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM