<< 読みのレベル | main | 『崖の上のポニョ』を分かりたいという奇妙な欲望 >>
2010.01.31 Sunday

それでも出版は今からがチャンスだ

0
    「それでも出版社が「生き残る」としたら」:たけくまメモを読んだ。

    現実問題として、自分の書いた(描いた)ものに、本当の意味で最後まで責任を負える著者が、どれだけいるというのでしょうか。
    って書いてあって、ちょっと驚く。
    「いっぱい、いるよ!」と思わず言ってしまう。
    自分の書いたものぐらい責任負うよ。
    もちろん、竹熊さんの書く「最後まで責任を負える」の意味と、ぼくが考えている「責任負う」の意味がズレているだけかもしれない。
    にしても、責任負うつもりで書いている人はたくさんいるだろう。


    「紙の本」という物理的なパッケージがあるので、製版→印刷→製本→取次→書店というプロセスがあって、その窓口として出版社は必要な存在だった。そのプロセスが必要のない電子出版になって「出版社不要論」が出てくる。
    が、電子出版の時代になっても、出版責任の代行業としての出版社は生き残るのではないか。
    という流れの中で、上記のような記述が出てくる。


    もちろん
    >著作権問題や猥褻問題、名誉毀損
    といった問題は法律が関わってくる。
    そういうところで、こじれて、知識や技能的な問題が出てくれば、行政書士や司法書士や弁護士や税理士や、適した人を探して、助けてもらえばいい。
    最初から酷く危険がわかってるジャーナリスティックなことをやってる人は、こじれる前に、その手をうっておけばいい。でも、そのリスク管理を「出版社」に任せなくてもいい。
    というよりも「出版責任の代行業」だけをやる会社は、出版社である必要がない。

    知識・技能的なヘルプは必要とするものの、書いたことに関する責任は自分で負うと考えている人は多いのではないか。


    さらに論は
    >編集者は、弁護士や税理士のような役割になる
    って展開するのだけど、ええええええ。
    今から、編集をやりたい人は、弁護士になるような専門的な勉強を積むのだろうか。司法試験受けるために法科大学院修了するのだろうか。
    弁護士や税理士のような役割をするのは、編集じゃなくて、そういうことに適した弁護士や税理士や行政書士がやるほうがいい。

    編集者がやることは、そういうときに適した人を見つけてくる、ということでいいんじゃないだろうか。

    そう。
    未来の編集者は、言葉通り「集めて編むこと」をやる人になる。

    それは「テキストを集めて、編む」ということでもあるし「人を集めて、編む」ということでもある。

    たとえばtwitterには少なくとも300人ぐらい大のインコ好きがいるらしい(以下、大のインコ好きの友達から聞いた話を元に構成した)。
    日本のTwitterユーザーが、いま450万人(国内ユーザー450万人? 「Twitter」のいまが知りたい)として大雑把に換算すると大のインコ好きは1万人。
    そこで、編集者が、インコ・コミュニティの中で、誰かに文章を書いてもらったり、インコの飼い方本を作る人を集めたりする。
    そういうことは、これからのネット社会ではどんどん行われるようになってくるはずだ。
    それが編集の仕事だ。
    もちろん、テキストを集めて、編むだけじゃない。
    人を集めて、編むのも大切な仕事だ。
    インコ好きは、デザインの優れた鳥カゴがないことに不満を持ってる人が多いらしい。鳥カゴを作ってる人と、プロダクトデザイナーを見つけて出会ってもらう。そうやって、インコ好き向けの鳥カゴを作ってもらうのも、編集の仕事だ。集めて編むのだ。
    インコイベントをやるのもいい。そのための出演者を集めたり選んだり、適したイベント会場を見つけたり、興味のある人にイベントのことを伝える方法を考えたり。

    いままでは、紙の本を作り出す過程をサポートする人を編集者と呼んでいた。
    でも、これからは、さまざまなコミュニティの中で、テキストやモノや映像や人を集めて編むことが、編集の仕事になると、ぼくは考えている。



    インコ編集者、スカートが少しめくれてる萌え編集者、森ガール編集者、廃墟編集者、こっくりさん編集者、さまざまなコミュニティの中で、編集をやる人が出てくる。
    出版社・書店といった業種的な縦割り(製作側の都合)だけではなく、趣味嗜好の横割り(受け取り側の都合)で、編集や販売の場が機能する。


    出版業界は、20年間にわたって「2兆円産業」だったが、今年は1兆9300億円台に落ち込む可能性があると報じられた(2009年にな、結果どうだったんだろう?)。
    それ以外にも、出版業界衰退のデータは、毎日のように伝えられる。
    だが、それは過去の尺度での出版だ。過去の出版業界だ。

    いまからの数年間は、出版業界の中に閉じ込められていた編集という仕事が、あらゆるところに拡散することになるだろう。
    進化できなければ出版社のほとんどは生き残れないだろう。だが、出版は生き残る。死ぬわけがない。(このあたりのことについては、「未来に向けて発想する」:日経ビジネスAssocie発想コロコロ塾に詳しく書いた)


    1983年に発売されたファミコンが大ヒットして、ゲーム開発者の数は激増した。

    今年2010年は、出版界の1983年だ。勃興の年だ。
    キンドルやiPadがファミコンであると予言するわけじゃないが、この数年に出てくるシステムがファミコンのように大きく世界を変える。

    電子書籍が普及することで、紙の束としての本も不要な役割から解放されて、よりよい方向に進むだろう。固定化された情報としての存在意義を高め、スローであることの利点を活かしたメディアとなるだろう。

    ぼくは、テレビゲーム勃興期ぎりぎりのタイミングで、ゲーム開発者になった。
    モノゴトが凄いスピードで変化していった。やることのほとんどが新しい体験だった。
    上司や先輩が抑圧的に働くことのない未開の地が無限にひろがっていた。
    ぼくがコンパイルに入社したとき、企画職はひとりもいなかった。初の企画職として、ぼくはゲーム会社に入った。だから、自分の手で自分がやることを見つけ、作り出していった。
    それは、ものすごくエキサイティングな体験だった。

    勃興期はおもしろい。
    そして、いま、出版が勃興期を迎える。
    そう考えているから、「編集・ライター養成講座実践クラス」の専任講師をすることにした。講師をするというより、講座の場を未来の出版として機能させたいと考えているのだ。
    大袈裟な? いや、そんなことはない。
    未来の出版は、ほんとうに小さなコミュニティでも可能になって、いたるところから生まれてくるだろう。
    そして、おそらく、それは「出版社」とは呼ばれない新しい何かだ。


    余談。
    未来の編集者のもうひとつの仕事は、書くという孤独な作業を助けることだ。
    こちらは、たけくまメモに書かれてある
    >これからは著者が編集者や営業マンを雇う時代になるかもしれない
    という部分と通じるところかもしれない。

    もしくは、編集者と作家が組んで作品を生み出すというスタイルが生まれてくると思う。
    マンガの世界では編集者が作品に大きく影響を与えるスタイルで書く場合もある。そういう仕事はこれからも必要だろう。
    でも、それはサラリーマン的な、外部にいる編集者ではなくて、ずっと作家によりそう、作家とともに歩む人になってくると思う。

    「有限会社よつばスタジオ」
    あずまきよひこ作品の制作・ディレクション・著作権管理、ならびに企画・デザイン・書籍編集・広告制作・文章制作などを行う会社
    であるような、そういったタイプの組織は増えてくるだろう。
    コメント
    3日前のニュースでも報じられているのを見ました。紙を使わないので電子書籍で作品を購入したら読者には安さを、作家には約二倍の印税を提供できるシステムが目玉と聞きました。けれどもそのしわ寄せは紙を媒体にして商品を販売する出版社や書店に回ってくるのでさもすれば業界は潰れてしまうかも…という話でした。

    この流れに飲まれたら即死。でも、この流れに乗れば繁栄のチャンスかも知れませんね
    • マナエクスレギオン
    • 2010.01.31 Sunday 18:13
    もうひとつ

    太古の壁画文字の寿命は数万年〜数百万年とも言われています

    歴史が生まれたころ、羊皮紙や和紙など昔の技術で作られた書籍の寿命は1500年程度といわれています

    現代の技術で作られた酸性紙や中性紙の寿命は50〜100,良くてももう少し

    次世代の媒体CDRWなどに焼いた情報は放置すれば10年くらいといわれています

    情報の記憶媒体は時代が進み科学技術が高度になればなるほど、なぜか寿命が短くなってしまう傾向にあるようです

    キンドルなどはもっと危ないかもしれない。電力の供給が遮断されれば、そこで終わってしまう。PIXIVやツイッターもサーバーが落ちれば今まで構築した結晶を一瞬でロストしてしまう


    人類は文明をすべて文字に頼って進化させてきました、文字を発達させるため進化したかのように見えたこれらも方法も本当は退化だったのかもしれない。進化を行う前に、後世に何かを伝える、という文字本来の原点に返ってみるのもいいかもしれませんね


    • マナエクスレギオン
    • 2010.01.31 Sunday 20:22
    ぼくも自分の描いたもの、書いたものには責任を負います。それが当たり前だし、表現するというのはそういうことだと思います。
    はじめまして。筆耕をしている者です。
    仰るような、著者と編集者が出版社に関係なく個別に関わっていく方向へ出版が変化していく場合、すでに起こっている現象だとは思いますが、ひとつひとつの企画の規模が縮小していき、より狭いターゲットを相手にしたもの――現在のオンデマンドや、同人誌のような形態のものになっていくのではないか、と考えています。マスメディアが成立しなくなっていくという流れの一環として(『ほんとうに小さなコミュニティでも可能になって、いたるところから生まれてくるだろう』と仰っている部分に相当する話ですね)。
    そのとき、(ニワトリタマゴですが)予算はどこから調達されるのだろう、ということがずっと気になっています。その点につきましては、どのようにお考えでしょうか?
    弁護士は勝てる見込みの無い依頼は、以前からの契約が無い限り引き受けませんよ。
    医者と違って、依頼に応じなければいけない義務が無いんです。
    その前提をお二人とも忘れてませんでしょうか。
    • sai
    • 2010.02.01 Monday 09:50
    竹熊氏の文章は「読ませる」ことを目的にしているため、ときおり過剰な表現を使っています。ですので、傍から見ると極論にすぎ、つい批判したくなる気持ちはわかります。

    が、竹熊氏のコメントをよく読んでみてください。

    貴方の導き出した回答と、竹熊氏がこれまでに語っている内容は、ほとんど同じように思うのですが、いかがですか?
    • wataru
    • 2010.02.01 Monday 09:55
    さまざまな指摘、ありがとうございますオール。
    リアクションをここに書くと長くなるので、それらはあらためてブログかtwitter @yonemitsu に書くことにします。

    竹熊さんへの反論でも批判でもないです。竹熊さんの文章を読んで、ぼくがぼくの立ち位置を示しただけなので、異論として書きました。
    だから、竹熊さんのコメントのところでほとんど同じところに辿り着いているのなら、嬉しいかぎり。
    まあ、竹熊さんが観ている方向とぼくが観ている方向が反対だったりすることはないので、「ほとんど同じ」だと思われるのは、幸いです。
    ぼくにとっては、「ほとんど同じ」から漏れたちょっと違うところが面白いところです。

    弁護士は勝てる見込みのない依頼は引き受けない。その前提を忘れてないか。という指摘、ありがとう。
    そもそも、契約って、そういうもの(双方の合意でするもの)だから、それで何の問題もないです。
    責任っていうと、法律上の問題とそうじゃない部分の問題がごっちゃになるからややこしいよね。

    ぼくが出版の意味が変わるというのは、コミュニティの在り方が変わる、という意味だと思っているので、弁護士のありかたも、弁護士に頼むありかたも、それどころか裁判のありかたも変わっていくと思う(オリコン裁判の例などもあるし)。

    出版社がないと企画の規模が縮小するって指摘、ありがとう。
    うーん、適切な規模のものができる、というだけだと思う。
    っていうか、これから企画の規模はどんどん大きくなっていくよ。
    だって、いくつかのコミュニティが集合する連絡が圧倒的にやりやすくなってきてるから。
    このグループとこのグループとこのグループが共通して興味ある話題で集まろうよ、そういう本を作ろうよ、っていうのが事前に可視化されてる。つまり、今までのほぼ個人の趣味とカンでやってた売り上げ予測に抑え込まれる必要がなくなる。
    mixiのコミュがあって、そこに何人いるかってことが説得材料になって出た本が、ここ数年たくさんあるけど、電子出版になると初版の概念がなくなるので、その説得すら、いらない。
    小さなコミュニティだけじゃなくて、大きなコミュニティだって、自分たちで、自分たちの責任を負う覚悟で、いろんなことをやりやすくなる。

    ただ、先に予算とか儲けとか考えないで動く人のほうが素早く自由に動ける環境が整ってきたから、予算は〜って考える人はしんどくなるだろうなぁとは思う。

    ロストする危険性については、多様な方法で保存しておくということで解決できるような気がする。っても、個人的には、あるよなぁ。

    って、結局ながながコメント書いちゃったううう(反省。もうコメントながながと書きません)。

    個の行動や思考が個として表明できる方法ができてきたので、コミュニティの在り方や、表現の届け方が変わる。

    だからこそ、表現することについては、以下にRTするコメントに書かれたことを忘れないようにしようと、思います。

    RT ぼくも自分の描いたもの、書いたものには責任を負います。それが当たり前だし、表現するというのはそういうことだと思います。
    • 米光
    • 2010.02.01 Monday 11:16
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM