<< キンドルで『Vintage Game』を購入 | main | 望月ミネタロウ『東京怪童』スゴイ >>
2010.01.16 Saturday

松村潔『タロット解釈大事典』を読んでいる

0
    今、もっともあわてないで読んでいる本は松村潔『タロット解釈大事典』で、これはたいへんな労作としか言いようがなく、タロット好きはぜひ読むといいと思います。
    タロットカードは今ではもっぱら占いに使われており、そのためカードの持つ意味や照応関係が重要視されてしまうわけです。
    そうなってくると、図案的にもポピュラリティのある大アルカナのカード22枚、そのカードの意味を1枚ずつ単独で知ることが最初のステップとなり、次に欲せれられるのはカードが組み合わされたときにどういう意味を持ち得るか、というステージであると考えるのが自然でしょう。
    ところが、タロットの本は、単独のカードの意味を説明するものがほとんどで、次のステージに対しては、あるとしても、複数枚の解釈の仕方をいくつかの例として紹介するにとどまります。
    というのも当然で、たとえば、たった2枚の組み合わせを解説しようとしても、22×21で、いや逆位置を考慮すれば、44×42になり、1848パターンになってしまうわけです。逆位置は無しとしても、462パターンとなり、1パターン1ページで解説すれば、462ページを超える大著とならざるを得ないわけですから、ほぼ無理な話なのであります。ほぼ無理な話なのでありますが、『タロット解釈大事典』は、その2枚の組み合わせ462パターンを1パターン1ページで解説してしまうという無理を押し通したタロット解釈本で、これを労作と言わずなんと言えばよいか。
    本書の最初についている解説を読むと、逆位置も含めて書こうとしていたけれど、数が多すぎて途中で断念したとあり、なんと無謀な戦車なのでありましょうか。
    正位置に絞ったとはいえ、462パターンを解説した本書は、当然のことながら462ページを超え、530ページのレンガ本となっており、ぼくは去年の暮れあたりから、机の横に置いて、ちょっとした時間に2ページずつ読み進めているのですが、今ようやく女教皇+星のページ。
    小説であれば、全22章の物語のようやく第3章の後半に入ろうとしているところなのです。
    これは、あくまでも推測なのですが、著者は毎日一定のペースで、頭から順番に執筆しているようであります。なぜなら、順に読むことで、その日のコンディションや、興味の移り変わりが、美しいグラデーションを眺めるように伝わってくるからです。もちろんこれは読者であるぼくの妄想である可能性も大いに残されているわけで、本当はカードを引きながら順番はランダムで執筆されたのかもしれないのですが、そういう現実とは関係なしに、多数の痕跡を発見し結びつけられるのは、照応の力であり、それこそが魔術の源でもありましょう。事典でありながら、頭から順番に読むことで、他者の執筆コンディションすらも体験できる読み物にメタモルフォーゼしていくのです。
    『タロット解釈大事典』を読んでいると、他のカードとの組み合わせによる解釈を読むことで、単独カードの意味内容が多角的に理解できるという利点を実感させられます。
    この調子でいけば、今年いっぱいかけて読み込む本となりそうですが、ずしりと重い書物に支配されすぎないよう、あいまに桜田ケイ『かんたんタロット』を読むのが一服の清涼剤であるといった濃密なタロット時空に包まれている昨今であります。
    コメント
    タロットって最初見たときはトランプみたいなものくらいにしか思ってなかったのですが、やってみるとカード一枚一枚に古い逸話がいくつも入っていて、それを組み合わせて占いをしていくと複数のカードの組み合わせで合成した逸話がさらに深くなっていく、触れた人の創造力によってどのようにも解釈できる、連想が無限に広がる、霊的なものでなくとも潜在能力を引き出す作用というのは脳科学的にもあるかも知れませんね
    • マナエクスレギオン
    • 2010.01.16 Saturday 16:41
    タロット初心者ですが、タロット解釈大事典に大変興味はあるのですが、その厚さに購入を迷っているところです。ところで、記載されてあれば、ですが
    タロット解釈大事典の表紙となっているタロットカードの題名を教えて下さい。とっても可愛いカードで気に入ってしまいました。
    • 梅田
    • 2010.02.07 Sunday 17:47
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018.03.24 Saturday 12:53
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM