<< 山田悠介『アバター』 | main | Final Dragon Library World1:ぼくは勇者に向いてない『孤島の鬼』編 >>
2009.12.14 Monday

宣伝会議・編集・ライター養成講座上級クラス「プロフェッショナルライティングコース」

0
    宣伝会議で編集・ライター養成講座上級クラス「プロフェッショナルライティングコース」の講師をやる。

    2010年2月27日(土)スタート。
    第2・4土曜日18:00〜20:50(80分×2コマ)の全20コマ
    が軸となるが、それだけじゃない。
    ネット講義、課外講義、書籍作り、実践など、さまざまなことを準備をしている。

    *2月13日(土)18:00〜20:00に「講座説明+プレ講義」開催。無料。
    「講座説明+プレ講義」無料


    twitterでもつぶやいたけど
    「出版業界は今が大チャンスで、編集とライターの仕事は、今からが一番おもしろいときだよねー。っていう話で盛り上がる昨今。ちょっと前だと、あまり賛同してくれなかったけど、最近は賛同してくれる人が増えてきた」
    というのが、ぼくの実感だ。

    だから、それを実践する場として、この講座をやる。
    講座の仕組み自体が、エキサイティングな出版・編集・ライティングの場となるようなチャレンジをいくつもやろうと思っている。
    受講生のみんなと、それを作り出したいと思っている。

    というわけで、この講座は、一般的なカルチャーセンターでやっているような、文章が上手くなる式の座学の講義ではない。
    「てにをは」や構成などの基礎は、実践の中で学ぶ(頭で理解するより100倍実感できるように身につく)。

    「文章が上手くなるだけでは、ライターはできない」というのが、ぼくの考えだ。
    自分だけの切り口、ウリになる専門性、人を惹きつけるおもしろさ、そういった力が必要となる。自分のテーマを見つけ、育てることが、この講座の出発点となる。
    そのためには、受講生それぞれが、しっかりと「動く」ことが必要だ。
    だから、講義中、受講している全員が、書いて、考えて、喋って、発表して、打ち合わせて、「動く」ことになる。
    いや、講義中だけではない。それ以外の場でも常に考え、日々トレーニングすることになる。
    ネットワークを使った学習、課題など、講座以外の時間でも学び続ける仕組みを設ける(だから、自然にネットワークを活用する方法も身につくはずだ)。

    プロとして活躍している編集者に受講生の文章を見てもらったり、実際に製作する書籍の文章にチャレンジしてもらったり、公式サイトのテキストを書いてもらったりすることも考えている。
    見込みがある人には、すぐに仕事として活躍してもらう。
    それぐらい実践的な場も用意する。(→実践的な講座とは:ゲスト上林達也

    対象は、文章を書いたり、表現したり、創作したりすることを、プロとしてやっていこう、やっていきたいと思っている人だ。(→プロであるとは、どういうことか
    経験は不問。
    自分の表現を公の場に出したいという意欲がある者ならOKだ。
    講座を、未来の出版の場としても機能させたいと考えている(→それでも出版は今からがチャンスだ
    よろしく。


    追記。
    講座告知記念として中継します。
    16日水曜日夜9時半から原稿執筆生放送。
    日経WEB連載の「発想コロコロ塾(仮)」の原稿を書いている様子を喋りながら中継します。っても、ふだん喋りながら書いてないので、喋れるかなー。だらっとバックグラウンドビデオな感じで見てください。
    途中、POPEYEの取材が入るので、それも生放送です。
    Stickamのココでやるよー。


    無事?終了しました。
    POPEYE取材で、編集部の人がつぎつぎと登場する映像が一番盛り上がったかも!
    来年1月号から「POPEYE」で米光がBOOKのコーナーを担当します。よろしく。
    コメント
    2010年のプロフェッショナルライティングコースは2012年はやってないのですか?
    • 犬伏正好
    • 2012.01.19 Thursday 10:45
    やってるよー
    http://blog.lv99.com/?search=%CA%D4%BD%B8%A5%E9%A5%A4%A5%BF%A1%BC%B9%D6%BA%C2&x=0&y=0
    • 米光
    • 2012.01.27 Friday 15:26
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 文章を書いたらチェックしたい17の項目改2
      米光 (06/13)
    • 「キングオブワンズ」またも復活
      頼鳥 翠 (02/20)
    • 『魔導物語』20周年記念メモ
      /Tachesci (11/23)
    • 「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由
      x hot アイアン (08/13)
    • 発想力トレーニング講座「想像と言葉」
      おやつ (06/22)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      米光 (04/28)
    • 宣伝会議編集ライター講座上級コース第7回目
      通りすがりA (04/27)
    • 偶然を味方につける
      う。m (03/17)
    • 「人生は神ゲー」と考えてみるゲーム(ゲーミフィケーションについて3)
      もやし (01/22)
    • 日本公式萌えキャラ「ひのまるこちゃん」とか作ればいいんじゃないか。
      笹 (06/17)
    Recent Trackback
    Recommend
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
    自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    “「ぷよぷよ」を作った人気ゲームクリエイターが、若手育成カリキュラムの中から生み出したトレーニング法を公開!”
    Recommend
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
    仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 (JUGEMレビュー »)
    米光 一成
    「楽しいプロジェクト型」で仕事を楽しくデザインするための攻略本。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM